「そんなんだから、うまく行かない」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

スクリーンショット 2017-06-16 18.30.24 

JUNです。

無料の個別相談とか、
有料でのコンサルティングとかで
いろんな方にアドバイスを

しているのですが
その中でも

・すぐにうまく行く人
・全然うまく行かない人

この2パターンの人が
どうしても出てきます。

厳密に言うと
『途中で投げ出してしまう人』
ですね。

アドバイスする側である以上、

この「うまく行かない人」が
どうしたら「うまく行く人」になるか、
ということは常々考えているのですが

うまく行かない人の多くが共通して
あることを口にしている
ことに気づきました。


これがまた
「それ言ったら、おしまいだろう」
っていうような言い訳なんですが、
平気な顔して言ってきます。


正直、これを言い出したら
僕としてもどんなアドバイスをすればいいか
分からなくなってしまいます。。

「現状を変えたい」
「自分を成長させたい」

色んな理由を持ってしっかり考えて
ビジネスに取り組もうとしている
にも関わらず

「それ言っちゃ、おしまい!」
っていう本末転倒な
言い訳をしてくるんです。

で、その言い訳と言うのが

『優先順位が

っていうやつです。

「ビジネスは進んでますか?」
って聞いたら、

「優先順位が下がってて
 何もできていないです

って。

まず、この時点で何も
アドバイスできなくなるし
アドバイスする気も失せます。

このまま放っておいてもこの人は
いつまでたっても結果が出るように
ならないなって思うわけです。

っていうか、、

こういう言い訳するなら
自分のために今すぐビジネスを
やめた方がいいです。

ちょっと厳しい言い方に
なってしまいますが

そのままやってても結果出ないし
無駄な期待もしなくて済みます。

学校、仕事、バイト、遊び、
部活、習い事、家庭の事情

まぁみなさんそれぞれ
忙しいとは思います。

毎日が暇な人なんて
そうそういません。

でもですよ、、

130分の時間すら
作れない人なんて
ほぼいないです。

もし本当に30分も時間作れないようなら、
ビジネスを始めようと思うよりも先に
その状況をなんとかしましょう。

別にビジネスを始めるからといって
そのほかのことを全て辞めろとは
言いません。

全て捨ててビジネスを始めるのは
それはもちろんん捨て身で
成功はしやすいかもしれません。

でもわざわざそんなリスクを
追わなくてもやろうと思えばできます。


ただ、だからと言って

「優先順位が」とか言って
ビジネスの優先順位を
バイトとか遊びとかの
下にしてるような、

そんな基準値でやってても
いつまでたっても
うまくいくわけなんてないんです。


仮にそんな基準でみんなが
お金稼げてしまったら
経済が崩壊してしまう。


「ビジネス舐めてんの???」


って感じです、まじで。
(嫌われるので直接は言いませんが、、、笑)

しかもそういう人に限って
自分が上手く行かない原因を

環境のせいとか
ビジネスモデルのせいとかに
しちゃいがちです。

うまく行く人は
どれだけ忙しい状況でも
しっかりと優先度あげて
取り組んでいます。


意外と忙しい人ほど上手く隙間時間で
作業を進めてたりするものです。


だから
「あー、優先順位が
って思ってしまった時点で
マインドがクソになってしまってる

だからまずはその考え方を
改め直すとこからやり直す。

その方がいいかもしれませんね。

最近こういうマインド系の話が
多くなっているので、

そろそろコピーライティングとか
マーケティングのテクニック的な
部分の話もしていこうかなー



【お知らせ】

Amazonで1位を獲得した
電子書籍を無料で配布しています。

 

 

 

.

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+