あなたの“熱狂的ファン”を作る方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+



=========
あなたにはファンが何人いますか?
==========

もし、ビジネスでお金を稼ぎ、
それを長期的に繁栄させていきたいと
考えるのであれば、
あなたのファンを作る必要があります。

飲食店であろうが、
接骨院であろうが、
インターネットビジネスであろうが、

あなたやあなたの商品が大好きな
ファンが必要なのです。

このファンなしにビジネスが
繁栄することはありません。


いい商品をもっていればファンがつく
と勘違いする人も多いですが、

ファンを作る上で大事なのは
その商品の裏側にある
理念や価値観の部分です。


じゃあ、どうすれば
あなただけのファンを
作ることができるのか。

ファンを獲得するために
いろんな方法が使われてますが、

その中でも特に有効なのが

=========
『共通の敵』を設定する
=========

ということです。 


あなたとお客さんとの間に
共通の敵を設定してしまえばいいのです。

お客さんが不満に思ってるものを
あなたとお客さんの共通の敵に
設定することによって、
お客さんとの距離がぐっと縮まります。


例えば、

Appleの創業者の
スティーブジョブズは
『マイクロソフト』を明確な
敵と設定することにより

Appleのファンを急速に
増やしてきました。


よくテレビショッピングで見るような
ダイエット器具は、
「きつい従来のダイエット方法」
が共通の敵として設定されています。


これはビジネス以外の業界でも
同じことが言えます。


いま僕が住んでる沖縄では
選挙に当選しようと頑張る
沖縄の議員さんの多くは

『米軍基地の撤廃』を
やたらと押してきます。

これも、米軍基地を
明確な共通の敵にすることで
ファン(得票)を集めようという
戦略のひとつなのでしょう。


最近ハマってる
自転車競技のアニメ『弱虫ペダル』では、

主人公の小野田が所属する総北高校と、
視聴者(自分たち)との間に
箱根学園や京都伏見高校という
共通の敵が設定されてることで、
主人公の高校を応援したくなります。


会社の新入生社員同士が
もっとも仲良くなりやすいのは
上司の愚痴を言い合うとき
だと言われています。


このように、
世の中を良く観察すれば

ビジネス
政治
スポーツ
音楽
漫画、アニメ

など、様々な分野で『共通の敵』が
設定されてるのが分かると思います。


共通の敵の敵は
できるだけ明確であり、
お客さんも不満に思ってるものを
設定する方が効果は高いです。


もし、あなたが
既にビジネスをしている
これかれビジネスをしたい
と考えてるのであれば

自分とお客さんとの間の
『共通の敵』を考えてみてください。


あなたのファンを集めることができ、
ビジネスを長期的に繁栄させることが
できるでしょう。


ちなみに、この『共通の敵の設定』
についてかなり具体的に学べるのが
このプロモーションです。

メルマガの中で流れてくる動画で
その本質に触れているのと、

この募集ページ自体が
『共通の敵』の要素をゴリ押しする
そんな内容になってます。

有料の教材レベルで学べます。

創造的破壊プロジェクト:
https://ism-asp.com/order/af?ai=3xz165dz7bargewzkcwg1vop

このプロモーションでは
共通の敵を『仮想敵』と表現して
“インターネット業界の詐欺師”を
敵に設定しています。

僕も最近のネット業界の
セールスの方法には疑問を
感じまくっていたので、
すごく惹き付けられる内容でした。


JUN

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+