カッコいい人の条件

BON_yubiwosasu20150207154242

 

BON_yubiwosasu20150207154242


「かっこいい男になりたい」

 

って、男に生まれた人なら誰でもそう思うはずで、もちろん僕も、「かっこいい人になりたい」「かっこいい男になりたい」てっ思ってきました。

 

でもじゃあ、ここで言う「かっこいい人」ってどんな人か?  

 

幼稚園くらいのときの「かっこいい」は、仮面ライダーとか〇〇レンジャーが僕の中の「かっこいい」やったし、

 

小学生のときは少年ジャンプの中の主人公のルフィとかナルトとかが一番かっこよくて、

 

中学生のときは甲子園で野球してる高校球児のお兄ちゃん達がかっこよくて、

 

高校生のときは大観衆の前でパフォーマスしてるバンドマンがかっこよくて、

 

思えば年齢を増すごとに「かっこいい」の捉え方が変わってきてる。

 

もちろん今でも仮面ライダーもルフィも高校球児もバンドマンも「かっこいい」って思うけど、昔カッコよく見えてたものが急にダサく見えてくることもあるのが面白い。

 

ビジネス始めた頃、僕がかっこいいなーって思ってた人は

 

ビジネスで成功してお金手にして、ブランドのカバン持って外車に乗って高級タワーマンションに住んで遊んで暮らしてる派手な人。

 

こんな人をかっこいいなーって思ってた。

 

どんな分野でも成功してる人はかっこいいことに違いはない。

 

でも、ある時から考えがガラッと変わって、

むしろビジネスで成功しても質素な生活を続けて自分の信念のために努力してる地味な人の方が圧倒的にカッコよく思えて、

 

逆に少々の成功ですぐ外車買ったり、見栄はってブランド物まとったりしてる小金持ちが、めちゃくちゃダサく見えるようになった。

 

人を不幸にして稼いだお金でギラついてる人とか、もうダサさの極みでしかない。

 

そういう人たまにいるけど。

 

見た目は地味でイマイチなただのオッサンでも、野球にものすごく情熱的でストイックに現役生活を続けてきた野球選手やとしたらめちゃくちゃカッコいい。

 

稼いだお金で豪遊する人よりも、稼いだお金を社会貢献に全額つっこむくらいの人の方がかっこいい。

 

金持ちの家に生まれて不自由なく生きてきたけど自立できてない超イケメンよりも、苦労重ねてそれでも成功目指して努力続けてるブサイクの方が人間としてかっこいい。

 

もちろん表面上のかっこよさも大事やけど、人間としては表面のかっこよさよりも、内面のかっこよさの方が何十倍も大事。

 

【男にモテる男になれ】

ってよくいうけど、

つまりはそういうことか。

 

「かっこよくなりたい」っていう思いは何かする上での強いモチベーションになるし、何をするにしても持っておいた方がいい。

 

だから、自分なりの「かっこよさ」をちゃんと定義して、そこに向けて突き進むことが大事なんじゃないかな。

(↑この記事で 一番伝えたかったこと)

 

僕もこの先の人生でそういう「かっこいい人」になりたい。

 

 

あなたにとっての「カッコよさ」とは何か?

 

ちなみに最近僕が「かっこいい」って思った人は田原総一郎さん。 

 

こんなかっこいい83歳は他にいない。