「レールから外れた方が強い」という話

スクリーンショット 2018-04-04 22.00.19

 

 

春の甲子園も気づけば終わっていて、
決勝では僕の地元の関西勢同士が
いい試合をして大阪桐蔭の優勝で
幕を閉じました。

 

そんな中で沖縄でも
春季大会が開催されていたようで

『未来沖縄が優勝!』

っていうニュースが入ってきました。

 

“未来沖縄”

個人的には名前も聞いたことがなくて、

沖縄の高校野球といえば
興南とか沖縄尚学とかが
強豪のイメージがあった中での
未来学園の優勝のニュースです。

学校の名前を見たら
「最近、創設された学校なのかな」
っていうのはなんとなく感じたので
気になって調べて見ました。

 

ちなみに野球部はまだ
創部4年目とのこと。

そしたらホームページがまず
高校とは思えないようなクオリティ。

http://hi.ida.ac.jp/

 

 

高等課程の中には

総合学科
グラフィックアーツコース
ファッションデザインコース
デジタルクリエイションコース
ビジネスコース
スポーツコース

っていう感じでコースがいくつかに
分かれているようで、

 

スポーツコースの中に

「野球専攻」
「サッカー専攻」

があるみたいです。

 

 

野球部が強いのもなんとなく
わかる気がしますが、

とは言っても創部4年目で
優勝の実績をちゃんと残すのはすごい。

 

 

こんな感じで、自分の好きなこととか
向いてる分野を高校のうちから
伸ばせる環境があるっていうのは
素晴らしいことですよね。

 

 

今までの高校教育は
おそらく戦後の日本の流れで
「みんなと同じことをできるようになろう」
っていう教育がメインで行われてきていました。

 

「人と違うことをしてはいけない」

「レールの上から外れてはいけない」

 

みたいな考え方が未だにありますからね。

 

 

ただ、もう時代は急激に変わっていて、

 

みんなと同じことができる人材
の必要性がどんどんなくなってきています。

 

ロボットとかAIの進化によって。

 

そんな中で大事なのは

「人にはできないことができる人になること」

つまり、今まではとは逆で

・人と違うことができる人
・レールから外れてるような人

が今後は求められる時代が絶対にやってきます。

 

となるとやはり高校時代に
「どんな教育を受けるのか」
というのはかなり重要な
選択になってきます。

 

「レールから外れないでおこう」

っていう考えが高校のうちに
染み付いてしまうと、

どうしても世間一般的な
レールから外れた人生を
行くのがどんどん怖く感じてしまうように
なってしまいます。

 

 

そしたら大学、社会人になるにつれて
人と違うことをする行動が
どんどん起こせなくなる。

 

まぁ、そんな人生のレールなんて
あるように見えて
本当はもう無いけど。

 

 

もし自分に子供ができたら
こういう学校に通わせたいなー

 

P.S.

そういえば、数年前にホリエモンが
そういうことを近畿大学の
卒業スピーチで話してました。