「失敗」の定義を理解してないのに「失敗」を恐れているという話

 

質問:あなたにとって「失敗」とは?

 

結果を出す人とそうではない人は、そもそも「失敗」に対しての定義が違ってると思います。

失敗の逆の言葉で「成功」という言葉がありますよね。

「あなたにとっての成功とは何か?」みたいな議論はよくありますし、あなたも一度は考えたこと思います。

でもその逆の「あなたにとっての失敗は何か?」っていう議論はあまりされません。

 

コトバンクで失敗の意味を調べると「物事をやりそこなうこと。方法や目的を誤って良い結果が得られないこと。しくじること。」と出てきます。

「失敗したらどうしよう」と思って行動を躊躇してしまう場面って色々あると思いますが、

そもそもじゃあ「失敗って何?」っていうことをちゃんと自分の中で定義できてるかどうかが結構大事だなと思うわけです。

 

おそらくほとんどの人は「失敗とは何か?」って聞かれても明確に答えることができないと思います。

にも関わらず、そのほとんどの人は何故か「失敗」することを怖がってるんですよね。不思議。

何が失敗かが分からないのに、「失敗」を怖がるという矛盾です。

 

よくビジネスの相談とか乗る時に「失敗するのが不安です」っていう風な話を聞くことがちょくちょくあるんですが、

「じゃああなたにとっての失敗って何ですか?」って聞くとだいたい「うーん…」ってなります。

 

悩んで出てくる答えは「赤字になること・売り上げが立たないこと」とかになってくるわけですが、

「じゃあコストをかけないビジネスモデルで売り上げが経つまで継続したらいいんじゃないですか?」っていうと「確かに〜」ってなります。

ようするに見えない「失敗」とか存在しない「失敗」にビビってなかなか行動できずにいるんですよね。

それでウダウダ言ってる間に時間だけが過ぎてしまって、結局何も行動できてないし何も変わっていない。

自分の中での「失敗の定義」をちゃんと決めておくとこういう無駄なことは省くことができます。

 

で、その「失敗」をどう定義するのかが結構重要で。

上の例でいうと、赤字を出すことも売り上げが立たないことも確かに失敗かもしれませんが、

自分の長い人生レベルで考えると「何も行動しないまま、成長しないまま時間だけが過ぎる」っていうのも結構な失敗じゃないですか?

どの分野でも結果を出してる人は短期的なネガティブな感情よりも、成長しない自分に恐怖を抱いています。

だから、一番の失敗は「何も変わらないこと、成長しないこと」何ですよね。

 

仮にですよ、行動した結果で痛い目にあったり恥ずかしい思いをしたり悔しい思いをしたりするかもしれません。

でも、そういう経験って必ず今後のあなたの人生で生きてくるじゃないですか。経験があるから次の挑戦では上手く行く確率も上がります。

 

逆に、何も行動しなければ、痛い目も見ないし恥ずかしい思いもしないし悔しい思いもしません。何も変わらないし成長もしないですよね。

そうなると何も得ていない。

 

つまり、

人生を短期的な目線で考えると「失敗」しないためには何もしない方がいいかもしれませんが、

人生を長期的な目線で考えると「何もしないこと」が実は一番の失敗だったりするわけですね。

短期的に見たら「失敗」と思えるようなことでも、長期的にみると「失敗」ではなかったりするんです。

 

自分がどう捉えるかの問題です。

今は大活躍してる経営者もスポーツ選手もまぁ例外なく失敗を誰よりも経験してます。

マイケルジョーダンもこう言ってますもんね。

“I’ve missed more than 9000 shots in my career. I’ve lost almost 300 games. 26 times, I’ve been trusted to take the game winning shot and missed. I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.”

(訳)キャリアで9000本のシュートをミスし、300回負けて、26回ウィニングショットを外した。人生で何度も失敗してきた。それが私が成功した理由だ。」

って。まぁ、そういうことです。

色々書きましたがここまでを一言にまとめると「失敗は成功の素」という話でした。以上。

 

JUN