Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+


近年、お金のためだけに「やりたくない仕事」を何十年も我慢し続ける生き方を選ぶ人が多いようです。

にも関わらず、満足な収入をもらえず金銭的に悩まされてる人が非常に多いのが現状です。


そして、いつしか会社のために働くようになり仕事に人生の大半を支配されてしまっているのです。

その結果として、ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔トップ5」がこちらです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-17-48-22

 

5位:自分をもっと幸せにしてあげれば良かった

「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多いです。

親に言われた人生、周りの人の意見に左右され自分自身で人生を選択することを忘れてしまう人が非常に多いようです。

4位:友人関係を続けていれば良かった

 

人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。

そのありがたさに気づいたとき、初めてもっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。

 

3位:もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった

世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。

 

2位:あんな一生懸命働かなくても良かった

男性の多くがこの後悔をするとのこと。

仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

 

1位:自分自信に忠実に生きれば良かった

「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。これがもっとも多いそうです。

人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。

ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。



参照元: the guardian (http://goo.gl/WDVAR)

 

このような後悔をなくすためのポイントとは



このような後悔の多くは「働き方」を見直すことで解決できることがあります。

「働く」から、いつしか「働かされる」に変わっていった結果、こういった後悔に繋がってくるのだといえるでしょう。

資本主義社会の歯車となって人生を終えていくのも、ひとつの選択肢としてはアリなのかもしれませんが、

そういう生活が本当にあなた自身が望むライフスタイルなのか、今一度考え直してみるのもいいかもしれません。


そんな中で、インターネットを最大活用してパソコン1つ資金0で個人で稼ぐという働き方が、ここ最近では主流になりつつあります。

自分自身が働きたい場所で、働きたい時間に働いて収入を得るという働き方です。

こういった働き方を確立できれば、後悔のないライフスタイルを送る事も可能になるのではないでしょうか。


いままでは「起業」というと大規模な事業計画書、始めるための投資金、優秀な人材、が必要だったのですが、それらが全く必要のない起業方法です。

企業に雇われ、収入源を会社に依存するのではなく個人で生み出した価値でお金を稼ぐという生き方です。

最近では「フリーランス」という言葉も巷では流行るようにもなりました。

どことなく苦手意識を持ってる人も多いのではないでしょうか?



%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-17-46-22


そういった人が続出している背景には情報技術の発達が主な要因としてあげられます。

起業のリスクが限りなく0に近くなってきているのです。

こうした時代背景によって、


スキルも実績もないバイト漬け大学生
貯金のない社畜サラリーマン
子育てに忙しい主婦

こういった人たちが次々に、自由な時間でパソコンを使って仕事をするワークスタイルを確立させていっています。

その方法とステップを書いたのが「意識低い系起業術」です。

「起業=ハードルが高い」と思い込んでるかもしれませんが、そういった偏見もこの書籍内で払拭されます。

「意識低い系起業術」の著者も、もともとは週6でバイトをしていた普通の意識の低い大学生で

・将来に対しての漠然とした不安
・奨学金400万円の返済
・やりたいことが見つからない進路選択
・会社に酷使される日本の現状

に対して頭を悩まされていました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-17-49-39

 

そんなときに、偶然インターネットを活用した「新しいワークスタイル」を知り、週5で授業に出ながら、週6でバイトを続け、週3でサークル活動に励みながら毎日の1時間で起業の準備を進めていきました。

そして3ヶ月後、今までの人生経験を生かした収入源を構築し、時間と場所に縛られないライフスタイルを実現しました。

その半年後には憧れだった沖縄移住も果たすことになります。

23歳になった今でも会社や事務所に出勤することはなく、自宅かお気に入りのカフェで自分が決めた時間で仕事をし、気が向いたら海を眺めに出るという生活を手に入れています。

しかも、こういったワークスタイルを確立するために一切の資金もかけずに、資格試験のような難しい勉強もせずに、実現させることができるのです。

そのステップを記したのが「意識低い系起業術~沖縄で学んだ次世代型ワークスタイル~」です。

もし、あなたもこれから先の仕事やワークスタイルに漠然とした不安や不満を抱えているのであれば、人生の選択肢を増やすためにも、この「意識低い系起業術」を読んでみてはいかがでしょうか?

今ならそのステップを記した電子書籍「意識低い系起業術」が無料で公開されています。

また、堀江貴文氏が提唱する『確実に上手くいく商売の4つの条件』をすべて満たした収入源の構築方法も書籍の中で書かれています。

→電子書籍「意識低い系起業術」プレゼントキャンペーン

 

 

lgf01a201309162000

 

ちなみに、こちらの書籍はリリースの翌日にAmazonのKindle人気度ランキングで全カテゴリ1位を獲得しています。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-17-54-59

書籍を読んだことによって

「働くことへの考え方が変わった」
「新しい選択肢が見えた」
「なにか行動を起こそうと決心した」
「具体的にやることが明確になった」

などの声を頂いています。

今なら特典も手に入れることができます。

今まではあまり概念になかった話もあるかもしれませんが、
ぜひこれからのワークスタイルのヒントのひとつとして活用してください。


スクリーンショット 2016-06-07 15.24.53

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+